09//1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.//11

湯の沢温泉「森の四季」日記

北海道日高山脈・夕張山地・大雪山系十勝連峰に囲まれる占冠村、かっては「陸の孤島」とよばれた村のさらに山の中にある一軒宿、湯の沢温泉、四季折々の自然景観や野生動物、山菜などワイルドライフをご紹介します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category: スポンサー広告
trackback -- | comment --

[edit]

page top

美々川 

約20年ぶりに美々川をカヌーで漕いだ
地質学者ベンジャミン・スミス・ライマン明治7年北海道調査のための軌跡を
辿り、当時聞いたであろう音風景をアーティストのmamoru氏が作品にするための調査。
美々川2 (2)
川は20年前よりもかなり汚れてきてはいるものの原始の姿をかろうじて残しています。
美々川2 (1)
でも確実に違うのは轟音を響かせて上空を飛ぶ旅客機の数、5分に1機ぐらいで着陸態勢に入ってゆく
白鳥
何故か白鳥が・・・倉本 創氏作品「マロース」冬将軍と白鳥の越冬、渡りをダブらせた作品がありますが
渡りを忘れた?人間が餌を与えるなどして渡るのをやめた?人間のエゴ・・・
2羽の白鳥を見ていると悲しい気持ちになってしまいました。
美々川3
変わりゆく自然、変化する生態系・・・
スポンサーサイト

[edit]

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yunosawa.blog.fc2.com/tb.php/16-5d179192
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。